コンディショニング研究会

カラダのコンディショニングとは?
知っているようで奥深い”コンディショニング”について
分かりやすく解説します。

心のコンディショニングに効くSNSとのつきあい方
「たまにはSNS断ち」「利用時間制限」でスッキリ

SNS利用時間1日30分以内でメンタル改善

学生143人を対象とし、Facebook、Snapchat、Instagramの3つのSNSの利用を1日10分以内にするように指示した人たちと指示しなかった人たちでメンタル状態を比較した研究もあります。3週間後、不安感や孤独感、うつ症状などの変化を調べたところSNSの利用時間を制限した人たちで有意な改善がみられ、特にもともとうつ傾向があった人に効果的でした*4

この研究ではスマホの機能を用いて実際のSNSの利用時間とメンタルの関係も調べているのですが、SNSの利用時間を1日30分以下に減らせばメンタルは改善すると分析しています。

食卓にスマホを置くだけで食事が楽しくなくなる

SNSの利用に限らず、四六時中スマホが視野にある生活は少し見直した方がいいのかもしれません。19~64歳の304人を対象に、食事中のスマホの利用と対人関係の関連を調べた研究報告を紹介しましょう*5。3~5人の友だちや家族との食事中、食卓にスマホを置いて食事をする人たちとスマホを置かずに食事をする人たちに分け、調査票を用いて食後の感想を分析したところ、食卓にスマホを置くだけで「食事をあまり楽しめない、つまらない」「気が散る」という声が有意に多くなりました。

いつでもどこでもコミュニケーションが可能になったのは便利でありがたいですが、使いすぎには注意したいものです。


*1 J Soc Clin Psychol. 2014;33(8):701-731
*2 Am J Epidemiol. 2017 Feb 1;185(3):203-211
*3 Psychiatry Res. 2018 Dec;270:947-953
*4 J Soc Clin Psychol. 2018;37(10):751-768
*5 J Exp Soc Psychol. 2018 Sep;78:233-239

次回2/25更新予定 コンディショニング・スペシャル対談 Vol.2〈前編〉
マラソン金メダリスト野口みずきさん×コンディショニング研究会杉田正明代表