コンディショニング研究会

カラダのコンディショニングとは?
知っているようで奥深い”コンディショニング”について
分かりやすく解説します。

マラソン金メダリスト野口みずきさん×コンディショニング研究会杉田正明代表
最適な練習法、調整法には個人差がある
「データに振り回されず、どう生かすか」が大切

コンディショニング・スペシャル対談 Vol.2(後編)マラソン金メダリスト野口みずきさん×コンディショニング研究会杉田正明代表

元マラソン選手 野口みずき
元マラソン選手
野口 みずき (のぐち みずき)
1978年7月3日生まれ、三重県伊勢市出身。高校卒業後ワコール、グローバリー、シスメックスの陸上競技部に所属。2004年アテネ五輪金メダル。2005年ベルリンマラソンで女子マラソンの日本記録・アジア記録となる2時間19分12秒で優勝。2016年4月引退。2019年1月、岩谷産業陸上競技部アドバイザーに就任。

各界で活躍するプロフェッショナルとコンディショニング研究会アンバサダーがコンディショニング術を語るスペシャル対談の第2弾。今回はマラソン金メダリスト野口みずきさんと本研究会杉田正明代表の対談の後編です。現役引退から3年が経とうとする今、野口みずきさんが自身の競技者生活を振り返り、あらためて思うことは。

自分の体を知ることで自分に合った練習方法がわかる

――自身の練習法やコンディショニング法を振り返ってみると?

杉田代表と野口さん

野口:実は私の体質ってマラソン選手としてどうか、というところがあるんです。ワコールに所属していたころは心拍計をつけてトレーニングをしていたんですけど、心拍数の上下動の幅が異様に大きいんです。それほど大きな負荷ではない400mインターバル走(全力に近いペースで400m走ってジョギングでのリカバリーを繰り返すトレーニング)なのに、すぐに心拍数が毎分200拍まで上がって、リカバリーの間に130拍くらいに落ちる。

杉田:確かに心拍数が上がりやすいのにすぐ下がるパターンですね。

野口:アテネのあとで人間ドックに行ったら、心臓が全然肥大していなくて驚かれました。安静時の脈拍も毎分58拍くらいで*1

杉田:58というと、すこし運動をしている普通の人とあまり変わりませんね。(シドニー五輪マラソン金メダリストの)高橋尚子さんの現役時代は30台だったとか。

野口:「効率のいい練習ができていたんでしょう」と医師にビックリされたんです。だからデータはとても参考になるけれど、数字を絶対視して振り回されてもいけないと思います。

杉田:その通りですね。たくさん走り込んで結果を出した野口さんとは対照的に、最近では「練習では1日30km以上走らない」というトップのマラソン選手もみられるようになってきました。

野口:30kmしか走らないで本番に行くことは、私はできません。1日40km以上走って、スピードトレーニングもやって、どんどん練習の質を高めていく。練習のときが120%で試合が100%という考え方でした。それくらい追い込まないとレースのとき勝てないと。大げさだけど、命がけで一走一走を大切にしていました。

杉田:やはり個人差もありますから。調整の仕方とデータを突き合わせて、個人ごとにどう活かしていくかですね。

しっかりごはんと肉、遠征にはサバ缶を持参

――アスリートは食事にも気をつかうが、野口さんは比較的こだわりのないほうだった。

2013年、サンモリッツでの合宿にて

2013年、サンモリッツでの合宿にて

野口:とるべき栄養素はとっていましたが、あまり細かいことは気にしていませんでした。しっかりとごはんを食べてあとは肉。試合でガソリン切れにならないためのカーボローディングも自己流というか。当時のカーボローディングの考え方は、いったん炭水化物をとらないでおいて直前にガーッと食べるという方法だったじゃないですか。私はお米大好き人間なので、毎日普通にご飯を食べて、3日前からはもっと食べていました(笑)。

杉田:持久力の向上に役立つDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富な青魚もいいですよね。

野口:はい、海外では手に入りにくいのでサバの水煮缶を持っていきました。でも私は基本的にどこに行っても現地の食事で大丈夫。味噌汁が恋しくなるということもありませんでした。いろいろと適応力が高いのかな?高地にもすぐ順応できたし。

動脈血酸素飽和度を測る野口さん

動脈血酸素飽和度を測る野口さん

杉田:そうでしたね。2013年のサンモリッツの合宿中も動脈血酸素飽和度*2が高くて。(平地での正常値並みの)97%以上ありましたよね。まさに高地向き。

野口:それでも現役時代の後半はいろいろと弱くなった気がします。負けず嫌いだから精神的にはがんばれても体がついてこない、体がなかなか回復しないという感じはありました。振り返ってみると、アテネは本当にいいタイミングだったと思うんです。身体的にも精神的にも成長してきたところで。

言われたことをやるだけではなく、自分で考えて動くことも必要

――今の現役選手たちをみて思うところは?

野口みずきさん

野口:私の場合、ワコール時代はまだ高校の陸上部の感覚が抜けませんでしたが、その後所属先がない時期もありました。それだけにグローバリーに移ってからプロ意識が生まれたというか。活躍して自分を入れてくれた会社の知名度を上げようと必死になって、それで自分の競技力が上がっていったところもあると思うんです。よく「大変だったんじゃないか」と言われるんですけど、むしろプラスに働いたくらい。そういう意味では、最近の選手はちょっと甘いところがあると思うんですね。私が10年以上前に出した日本記録がまだ破られていないというのも......。

杉田:じれったい気がするわけですね。確かに野口さんの時代に比べると、今は恵まれた環境になっているようにも感じます。

野口:選手たちもがんばってはいるのでしょうが、なかなか結果に表れない。日本ではマイナーだった競技でもどんどん世界で戦えるようになっているのに、女子マラソンは逆に世界との差が広がっているような気がします。先日、実業団のチームでコーチをしている友人と話をしたんですけど、今の若い選手は与えられた練習メニューしかしなかったり、自分で考えて行動できない。目標タイムなどの「設定」を守るだけの練習になってしまっている。私は「何秒で」と言われたらそれを最低ラインと考え、それ以上のタイムを狙っていました。監督やコーチをギャフンと言わせてやりたくて。

杉田:そのいい意味での負けず嫌いの気持ちがレースにも活きて、結果的にアテネの金にもつながったのだと思います。

野口:高橋尚子さんや(北京五輪10000m出場の)渋井陽子さんなど、私が出会った一流の選手はみんな負けず嫌いで、自分で自分を追い込める人たちでしたから。やっぱり競技なので、言われた通りやるだけではなく、自分で考えて動くことも必要ですよね。

引退後、「適度な運動」の大切さを感じた

――引退して3年、生活スタイルや体の変化は。

杉田代表

野口:生活は全然違いますね。今は本当に普通の人。7%だった体脂肪率も20%台後半になりましたし(笑)。

杉田:野口さんの経験から、一般の方々に向けてコンディショニング法のアドバイスをお願いしたいのですが。

野口:よく言われることではありますが、やっぱり人間には「適度な運動」が必要と実感しました。現役時代は1年365日走っていたので、引退して半年から1年近くらいは走る気になれなくて全然走らなかったんです。するとどんどん体が硬くなっていくし、疲れるのが早くなり、反射神経も鈍くなっていく。それで少しずつ、1日30分から40分くらいゆっくりジョギングをするようにしたら、体やお肌の調子も良くなったんですよ。

杉田:お肌もですか。

野口:やっぱり汗をかいて老廃物を出すのがいいんでしょうね。ウォーキングでもいいでしょうし、マイペースで走ったり。ある程度の運動は体を整えるために必要なんだと、遅ればせながら実感しました。今は朝だけ40分から1時間くらい走っています。ただ走るだけだとお腹にお肉がついちゃうので、腹筋(運動)や体操も。岩谷産業陸上競技部のアドバイザーになったこともあって、少し前に選手たちと一緒に軽くウエイトトレーニングしたらメチャクチャ筋肉痛になってしまいました。やはり地道に続けていないと......。

杉田:アドバイザーの仕事はどうですか。

野口:2019年の1月に就任したばかりなのでまだまだですが、チームはがんばっていますよ。有望な選手もいますし。

杉田:指導者としての新たな一歩ですね。これからもご活躍を期待しています。


*1 強度の高い有酸素運動を継続的に行うと、心臓から全身へと1回の拍動で送り出す血液量を増やすために心臓の容積が大きくなる(心肥大)。連動して心拍数は少なくなる。これをスポーツ心臓と呼ぶ。
*2 血液中の酸素と結合したヘモグロビンの量。血液中の酸素量の目安となる。


対談を終えて
杉田正明代表の談話

起きている間はずっとトレーニングか食事しているかのどちらかだったという現役時代。ものすごく集中して毎日を過ごされたからこそ「ここまでやれば怖いものなし」で、すばらしい結果を残された野口さん。必ず個人差はあるのだから、データは参考にしても鵜呑みにせず、また他人まかせにせず、自分の中身と向き合い心身を整えるのが王道というお手本のように感じました。